Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

mova、31日に終了 確認しておきたい機種変更の割引クーポンなど

  • ドコモショップ(DS)だけでなく家電量販店を含む複数の店で価格を調べる。
  • 頭金と必須の有料オプション契約がないかを確認する。
  • クーポンが利用できるかを確認する(特に量販店)。
  • 「ACアダプタ割」が利用できるかを確認する(特に量販店)。
  • 悩んだときは候補の機種を31日まで取り置きできるかを確認する。

主なクーポンの種類

3,150円割引クーポン

 割引額が少ないため、基本的に必要ない。

■入手方法
 ドコモから郵送(これまでに送られていなければ無し)。

5,250円割引クーポン(郵便局お取次ぎ:movaからの契約変更)

 スマートフォン以外の機種(ガラケー=フィチャーフォン)で頭金を取る店で使用。

■入手方法
 最寄りの郵便局に置いてあるdocomoのお取次ぎリーフレットを入手します(小さい局には置いてないかもしれません)。置いてある場所がわからないときは、局員さんに「郵便局お取次ぎのdocomoの案内が欲しい」と言えば通じると思います。
 そして、リーフレットに書いてあるお取次ぎセンター(0120-303-360)に電話します。
 受付時間は平日(月~金)の9:30~18:00までです。
 「movaからFOMAに取り替えたいのでクーポンを郵送して欲しい」と伝え、リーフレット裏面の郵便局取次番号と氏名、住所、電話番号を伝えると、2~3日くらいでクーポンが郵送されてきます(1週間くらいが目安ですが、実際はそんなにかかりません=月曜に頼んで水曜に来た)。

 有効期限は31日(土)までなので、27日(火)までに電話すれば、おそらく間に合うと思います。

52,500円割引クーポン(スマートフォン限定)

 スマートフォンに取り替える場合。

■入手方法
 FOMAお取替えサービスセンター(0120-207-360)に電話する。
 「スマートフォン向けの52,500円クーポンを郵送して欲しい」と伝えると郵送してもらえます。2~3日くらいかかるため、27日までに電話すれば手元に届くと思います。
 郵送が無理な場合はどうすればいいかを尋ねると、機種変更の際にお取替えセンターに取り次いでもらうようにすれば、52,500円割引がその場で適用できることを教えてもらえます。
 店員さんに事情を話すか前もって取り替えセンターに電話してそのまま受話器を渡せば、クーポンが手元になくても割り引かれます。
 もしかすると量販店ではダメなところもあるかもしれませんが、そのときはDSが確実です(クーポンの実券を見せての使用は量販店でも可能)。

 52,500円以上の機種はドコモポイントや現金でその差額を支払います。店によっては52,500円以下の機種はその差額をオプション品の購入代金に充当できるところもあります。

クーポンが併用できるかを聞く

 通常は併用できませんが、店舗によっては併用できるところも稀にあるようです。クーポン裏面に掲載されている通り、大抵の店は「できない」と答えるため、基本は無理です(近所のDS2件と量販店3件は全て無理でした)。

movaが機種代金を支払う必要のあるケース

  • 5,250円以上の頭金がかかるガラケー
  • (頭金込で)52,500円以上のスマートフォン

端末価格を確認する

■現在の端末価格(ドコモ端末価格調査の変更・バリュー・一括・12カ月以上)
 最後のmova割引対象機種はこの価格から値引きされる。

 近所にあるドコモショップ(DS)全店舗とドコモ携帯電話を取り扱っている家電量販店などをまわります。DSでも店舗によって価格が異なります。混雑していなければ、電話で確認することもできます。

 スマートフォンの価格は月々サポートの分割価格ではなく一括購入の価格を見ます。店員に尋ねると間違いなく月々サポートの価格(movaは実質無料)を提示してくるので、一括の価格を聞きましょう。

 基本的にどの店も端末の価格は同じですが、ほとんどの店は「頭金」を設定していて、それが本体価格に上乗せされています。酷いDSでは1万を超える頭金を要求してきます。なるべく頭金のない店を選びましょう。

 スマートフォン以外の機種(ガラケー)については無料なので「頭金があるかないか」だけを確認します。本体の価格は気にする必要はありません。

 頭金で重要となってくるのがオプション契約の有無の確認です。頭金が0円となっていてもオプション契約(iチャネルやiコンシェルなどの有料サービス)の加入が前提になっている場合があるので注意します。

例:ガラケー

F-04D→無料(頭金なし)→0円で機種変更

F-04D→無料+頭金5250円→5250円割引クーポン→0円で機種変更

F-04D→無料+頭金0円+オプション加入必須→0円で機種変更+有料サービス契約

例:スマートフォン

N-05D(店頭価格 47,880円=頭金なし)→0円で機種変更

N-05D(店頭価格 51,975円)→0円で機種変更
【税抜】本体価格45,600円+頭金3,000円=48,500円-50,000円割引クーポン

N-05D(店頭価格 53,130円)→600*消費税→630円で機種変更
【税抜】本体価格45,600円+頭金5,000円=50,600円-50,000円割引クーポン

F-05D(店頭価格 60,480円~)→0円で機種変更
【税抜】本体価格57,600円-26,400円mova割引対象機種-50,000円割引クーポン

SO-03D(店頭価格 60,480円=頭金なし)→7,600*消費税→7,980円で機種変更
【税抜】本体価格57,600円-50,000円割引クーポン
【ドコモポイント5000使用】→7600-5000*消費税→2,730円で機種変更

ACアダプタ割引

 movaからの機種変更の際にオプション品の「ACアダプタ」を無料でつけてくれる割引サービスです。量販店では無理なところもあるかもしれませんが、DSでは適用してくれると思います。
 「Xperia NX SO-02D」や「Xperia acro HD SO-03D」などの専用アダプタがついている機種は対象外とする店もあります。ACアダプタ分の料金を機種代金から割り引いてくれる店もあるかもしれません。

 将来、ガラケーに機種変更した際にアダプタがないと充電できないため、購入せずに済むならタダでもらって置いた方がお得です(※FOMA端末はmovaのACアダプタでは充電できません)。

スマートフォンの月々サポート分割払い実質無料について

 機種代金を毎月支払う分割払いがあります。この分割払い分の代金を割り引くのが月々サポートです。

 movaは全機種のスマートフォンが「分割払い代金=月々サポート割引代金」となるため、実質無料でスマートフォンを手に入れることができます。

 52,500円割引クーポンを使わなくてもいいように思えますが、これは2年間同じ端末とパケット定額プラン(パケ・ホーダイ・フラット<月額5,460円>またはパケホーダイ・ダブル2<月額2,100~5,985円>)を使い続けた場合にはじめて無料になる仕組みです。

 機種代金分割払い代金24ヶ月分月々サポート割引代金24ヶ月分

 例えば、1年で機種変更したり定額プランを外したりすると…

 機種代金分割払い代金12ヶ月分(月々サポート割引代金12ヶ月分)

 となり、残りの代金を支払わなければならなくなります。

 機種代金月々サポート割引代金12ヶ月分+残りの分割払い代金12ヶ月分

 したがって、途中で機種やパケット定額プランを変更したり、他社にMNPで乗り換えたりする可能性がある場合はクーポンを使って一括購入した方が得ということになります。データ通信をせずに、無料のWi-Fi運用をする場合は必然的に定額プランの縛りがないクーポン一括購入になります。

 逆に52,500円以上の機種(6万前後の機種)を2年間同じ機種でパケット定額プランを使い続けるのであれば、月々サポートの実質無料の方が得になります。

関連記事
  1. comment

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)