Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

仙台市、パンダを希望するも中国はマレーグマを提示

  • 2011-10-18 火 19:33
  • 社会
  • hatena  拍手

 仙台市が東日本大震災の復興の象徴にする目的で、中国にジャイアントパンダの貸し出しを要請したところ、中国側が福島の原発問題を含めた現地の安全性が保証されていないとして、難色を示していることがわかった。中国はジャイアントパンダの代わりにマレーグマの貸与を提示しているという。

 マレーグマ(馬来熊)はパンダ(大熊猫)と同じクマ科に属するクマで、ワシントン条約により商業目的のための国際取引が禁止されている。しかし、学術研究目的であれば、動物園での展示や研究が可能となっている。

 マレーグマには第3使徒サキエルのような不気味さはあるが、パンダ同様、その性格は大人しく、少し前まではペットとして飼育されるなど人間との関わりも深い。胸部に三日月状の模様があるのが特徴で、“Sun bear”(太陽熊)とも呼ばれている。

 程永華駐日大使からパンダ要請の連絡を受けた中国野生動物保護協会は「現時点では、福島の原発問題が解決するまで、東日本に新たなジャイアントパンダを貸し出すことはできない」とした上で、「気持ちはわかるが、かわいいからといってパンダに逃避するのはよくない。パンダを見ても被災者のみなさんの胸の傷が消えることはない」と話し、震災を乗り越えて強くたくましく生きるための象徴として、マレーグマを3頭貸し出す代替案を検討しているという。

 また、仙台市民からも市のパンダ要請に対し、「やらなきゃいけないことが山積みなのに、パンダを見てる暇はない」「レンタル料や餌代は一体誰が負担するのか」「それよりもうちのパンダを雇って欲しい」と批判の声が上がっている。

 市のごみ減量大作戦のキャラクター・ワケルくんも「パンダじゃなきゃダメなんでしょうか?」と早速事業仕分けを行い、パンダと天守のない仙台城は仙台に必要ないと抗議している。

個人はみな絶滅危惧種という存在
彫刻家・舟越桂 (2011/9/5)
 舟越桂氏が30年あまりにわたって残してきた創作メモや海外留学中の日記などをその彫刻作品とともに紹介。独特の芸術論、人生論、また家族や社会についても言及。彫刻作品の背景にある創作の原点を垣間見ることができる。
関連記事
  1. comment
  2. anonymous 2011-10-18 21:59 No.760 #-URL

    写真は熊の皮をかぶった犬なんだろ?

  3. toto 2011-10-19 10:00 No.761 #-URL

    この犬、先週神田川で見たよ。

  4. anonymous 2011-10-20 15:57 No.762 #-URL

    ワケル君、伊達政宗の騎馬像だけは残してあげて><

  5. ペケ 2011-10-23 10:44 No.763 #-URL

    中国、パンダ貸与に反対の声も 放射性物質に誤解
    http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102201000619.html

    案の定、中国に原発事故で反対されてて吹いた。

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)