Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

ジョブズ氏死去 “iPhone 4S”は“iPhone For Steve”だった

スティーブ・ジョブズ

 米アップル社が4日に発表したスマートフォンの新型機種が『iPhone 5』ではなく、『iPhone 4S』だったことで、アップルの株価が下落し、スマートフォン利用者だけでなく、世界市場もアップルの発表に納得できない様子だった。しかし、5日にスティーブ・ジョブズ取締役会会長(56)が死去したことで、4Sに対する風当たりに変化が生じた。

「“iPhone 4S”は“iPhone For Steve”だった」

 4Sは数々の偉大な業績を残したジョブズ氏に捧げた最後の機種だった、と誰もが4Sの販売に得心がいったのである。アップル社の広報によると、4S発表以降、同社に寄せられていたクレームが大幅に減少し、ジョブズ氏への感謝のメッセージが届くようになったという。

 しかし、クレームがすべてなくなったわけではない。韓国のサムスン電子からは「特許権侵害だ。4Sの販売をやめろ」「グッジョブ!4Sの息の根も止めろ!」と市場と空気をよめない電話やメールが寄せられ、沈痛な面持ちの社員たちが対応に追われている。

 ジョブズ氏の生前に議論されていた“4S”の主な意味は次の通り。

(1) iPhone 4Speed
 SはSpeed。処理速度が4よりも格段に早い。

(2) iPhone 4Siri
 Sは本機種から搭載された新機能『Siri(シリ=音声認識機能)』。

(3) iPhone 45
 Sは5。iPhone 5の9倍先を行く最先端の機種。

(4) iPhone 死す
 4Sはシス。「iPhoneは死んだ。これからはGALAXYの時代だ」。NTTドコモ、あるいは日本人の振りをした韓国人が考えたとの見方が強い。

(5) iPhone For 5
 4はFor、Sは5。iPhone 5のためのテスト機種。

(6) iPhone For Softbank
 SはSoftbank。アップル社がソフトバンクというニッチな企業の名を冠する訳がないと否定されている。

(7) iPhone For Samsung
 サムスンに搾取され続けている現状を嘆いている。

(8) iPhone For Sadism
 サド。iPhone 5を期待した人々を精神的に痛めつける機種。

 この他にもSは『Sorry』『Surprise』『Sex』など様々な解釈がある。

(9) iPhone 4Sama
 説明の必要はないだろう。彼女たちは頭がおかしい。

(10) iPhone AS
 4はA。iPhone 4と同じ。一部の層からは『魔法少女リリカルなのは』のパクリではないかと言われている。

(11) iPhone Force
 iPhoneの力。その支配力は市場を動かす。

(12) iPhone $5
 シフトキーを押しながら4。5ドルの価値しかない。

関連記事
  1. comment
  2. 通行人 2011-10-07 10:25 No.720 #-URL

    5の開発にも携わってたらしいけど
    ジョブズ最後の作品として4S買うって人が増えてるらしいね。
    市場ってやっぱり人間が動かしてんだなぁ。
    Goodbye Steve!

  3. au 2011-10-07 20:33 No.721 #-URL

    iPhon4S=香典=5出ん

  4. 2011-10-10 16:15 No.731 #-URL

    ソフトバングの対au優遇措置は必死過ぎる。
    まるでジョブズの呪いみたい。

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)