Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

はてなが広告表示の「はてなダイアリーポイントプログラム」を開始

はてなダイアリー日記 - はてなダイアリーポイントプログラム実施について

 はてなダイアリーは9月1日から、ブログを書くとはてなポイントが貯まる「はてなダイアリーポイントプログラム」を開始すると発表した。

 プログラムに参加すると、記事の下にGoogle AdSense広告が表示されるようになるが、この収益はすべて「はてな」のものとなる。

 利用者の利益は、ブログ記事で「Amazon商品を紹介する」か「毎月1万人を対象に行われる抽選」によって得られるはてなポイントである。

 無料のはてなダイアリー利用者は、自動的に参加させられるので、必要のない場合は、管理ページからプログラムの参加を解除する必要がある。有料ユーザについては、自動参加させられないため、無料ユーザも参加せずに自分でAmazon商品を紹介した方が得ではないかとの見方が強い。

はてなポイントの使い道

 はてなポイントは現金化できない。はてなが提供する有料サービスの支払いなどに使うことができる。Amazonギフト券と交換することもできるが、手数料として交換金額の5%(4000円以内は一律200円)が取られてしまうので、目減りしてしまう。また、ポイントには有効期間があり、最終利用日(ポイントの支払いもしくは受け取り)から1年経つと失効してしまう(猶予期間1か月)。

 ポイントの有効期間を伸ばすには、ポイント購入(1ポイント1円で1000ポイント単位)やカラースターなどの商品を購入したりする必要があるが、消費ポイントをできるかぎり減らしたい場合は、他のユーザに自分のポイントを送信するのが効率的だろう。ポイントは1ポイントから送信することができる。しかし、こちらも手数料が取られてしまうため、最低でも2ポイントを消費することになる。
※1年以内に抽選や紹介料で1度でも受け取りが発生すれば、有効期間を気にする必要はない。

 詳細は、ポイント制度についてポイントQ&A利用規約で確認しよう。

はてなダイアリーポイントプログラム注意事項

 プログラムのはてなポイントは月末に集計して、毎月10日に支払われる。

 プログラムの内容に変更があるときは、事前にはてなダイアリー日記で告知される。

 はてな利用規約に反しているブログは対象外で、ポイント支払い後に規約違反が判明した場合は、さかのぼってポイント支払いを取り消す場合がある。

Amazon商品を紹介してポイントゲット

 Amazon商品の紹介は、「はまぞう」や「ISBN/ASIN記法」を利用して行い、商品が購入されると、売上金額の3.5%に相当するはてなポイントが得られる。ただし、商品1つあたりのポイントの上限は500ポイントとなっている。

はてなダイアリーでは「はまぞう」や「ISBN/ASIN記法」を用いてAmazonの商品を紹介できます。
これらの紹介を経由して、ブログ中で紹介した商品が購入されると...

 ちなみにAmazonアソシエイトは、収益の3.5~8%が報酬として得られ、商品1つあたりの上限は1000円となっている。
Amazon - 紹介料(成果報酬)について

抽選でポイントゲット

 抽選で毎月1万人を対象に、記事を書いた量に応じたはてなポイントが贈られる。当選したときのポイントは、10~100ポイントを予定している。

 当選の確率は、これまでに書いた記事の日数によって変わるため、更新頻度の少ないブログは抽選によるポイントは期待できないかもしれない。

 ただ、Twitterのツイートまとめの投稿も抽選の対象となるため、はてなダイアリーをツイートまとめ専用のブログとする選択肢もある。

無料ユーザのはてなポイントプログラム

 告知記事は、「無料ユーザはAmazonアソシエイトなどのアフィリエイリトができない」ような書き方をしているが、無料でもAmazonアソシエイトなどは可能である。管理ページでGoogleAdsenseのアカウントを設定したり、「はまぞう」などのツールを使ったアフィリエイト利用ができないだけで、ブログパーツにアドセンスを貼り付けたり、記事内にAmazonのコードを貼りつけたりすることは問題ない。

はてな利用規約では宣伝・広告行為を禁止していますが、ユーザーが有益な情報を得られたり有益なサービスを受けられることから、広告を掲載し収入を得ることを許可しています。
「Google AdSense」「Amazonアソシエイト・プログラム」「楽天アフィリエイト」などはシステムでサポートしているアフィリエイトプログラムですが、その他にも「iTunes アフィリエイトプログラム」など、以下のアフィリエイトプログラムを利用していただけます。
はてなダイアリーでは、はてなダイアリープラス(月額280円の有料オプション)に申し込む事で、ここに記載されているプログラム以外でも自由にアフィリエイトを行うことがでます。
Hatena - アフィリエイトを始めよう

 その上で、ガイドラインにあるように通常のダイアリーとしての利用がなく、広告掲載のみの利用を禁止している。

 既にAmazonアソシエイトに参加している人には、Amazon商品の紹介料率や上限、手数料、有効期間などを考慮すれば、必要のないプログラムかもしれない。

 アフィリエイトを利用していないユーザにとっては、面倒なサイトの申請などをせずにはてなポイントを得ることができそうだ。

疑問点

 抽選1万人は、サブアカウントなども1人としてカウントするのか(はてなポイントの支払いや受け取りはメインアカウントに限定されている)。

 「書いた量に応じたはてなポイント」の“書いた量”は、「日数」なのか「見出し記法で書いた記事数」なのか、それとも文章量なのか。

 90日間記事を書かないと同様にGoogleAdsense広告が表示されるが、その場合は広告表示はどうなるのか。


 詳しい設定方法などは、後日、はてなダイアリー日記で公開される。

関連記事
  1. comment

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)

トラックバック

http://paro2day.blog122.fc2.com/tb.php/783-efe6c294

  1. trackback