Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

2011年6月25日 優れた警察犬はウソとホントを見分けられる

東日本大震災復興構想会議であいさつする菅総理

(あれ、確かここにあったはずなのに……

(左手の親指がなくなってる)

 25日、第12回東日本大震災復興構想会議が開催されました。会議では、「復興への提言~悲惨のなかの希望~」と題した提言書が、五百旗頭(いおきべ)議長から菅総理に手交されました。
 提言は「新しい地域のかたち」「くらしとしごとの再生」「原子力災害からの復興に向けて」「開かれた復興」の4章から成り、 自然災害による被害をできるだけ最小化する「減災」を基本方針としています。

原発 警戒区域への一時帰宅、防護服なしでも許可 福島第1原発

 原子力災害現地対策本部は24日、福島第1原発事故で立ち入りが制限されている警戒区域への住民の一時帰宅について、防護服を着用しなくても、長袖・長ズボンを着ていれば、参加を認めると発表した。熱中症の予防が主な理由で、基準を超える放射性物質が衣服に付着していれば、回収する。

原発 自民・谷垣氏、原発再稼働は必要との見解

 自民党の谷垣総裁は25日の会見で、定期検査により停止中の原子力発電所について、「検査した後に『再稼働が必要ではない』と言ったら、全部の原発を止めなければならなくなる。それではとてももたない」と述べ、再稼働が必要だとする見解を示した。

国内 地デジチューナー、低所得世帯に手渡し配布

 総務省は25日、7月24日の地上デジタル放送への移行に向けて、地デジ用チューナーを手渡しで無償配布する方針を固めた。来週から全国の地デジ臨時相談コーナーで順次実施する。対象は生活保護を受け、NHK受信料の支払いが免除されていたり、市町村民税が非課税となっていたりする世帯

国内 大阪市の生活保護、過去最高を更新2910億円

 大阪市は24日、平成22年度の一般会計決算見込みの速報値を発表し、生活保護費が過去最高額の2910億円(受給者数14万6千人)となることが明らかになった。生活保護費の増加は20年連続。23年度の受給者数は15万人を超えており、市民の18人に1人が生活保護の受給者となっている。

国内 JR不採用問題 国労系が復帰断念、終結へ

 87年の国鉄分割・民営化に伴うJR不採用問題で、JR再雇用を訴えてきた国鉄労働組合(国労)などでつくる「四者四団体」が、「政府に棚上げされ、展望が開けない」と雇用要請の取り下げを決め、解散することになった。「国は震災対応で手いっぱい。これ以上先送りされると第二の人生を歩めない

海外 ニューヨーク州が同性間結婚を承認

 ニューヨーク州上院は24日、同性間結婚を合法化する法案の採決を実施し、賛成33票、反対29票で可決。同性カップルの結婚が可能となった。米国で既に合法化されているのは、マサチューセッツ、コネティカット、アイオワ、バーモント、ニューハンプシャー州と首都ワシントン。

海外 グーグルを独禁法調査 優越的地位乱用か

 米グーグルは24日、連邦取引委員会から「検索市場における独禁法違反行為の調査に着手した」との通知を受けた、と発表した。米グーグルをめぐっては、世界検索シェア6割を超える優越的地位を乱用して、検索結果や連動広告で、競合会社のサイト表示順位を操作しているといった苦情が続出している。

スポーツ U-17W杯サッカー、日本1次リーグ突破=アルゼンチン破り18年ぶり

 サッカーのU-17ワールドカップメキシコ大会は24日、日本はアルゼンチンを3-1で破って勝ち点7とし、同組1位で16チームによる決勝トーナメントへ進んだ。大会は1年おきに行われており、日本の1次リーグ突破は日本で開催された1993年大会以来で2度目。

芸能 「刑事コロンボ」ピーター・フォークさんが83歳で死去

 TVドラマ「刑事コロンボ」シリーズでコロンボを演じた俳優のピーター・フォークさん(83)が23日、ロサンゼルスの自宅で死去した。ピーターさんの医師が「彼が自分がコロンボだったことさえも覚えていないことを非常に残念に思う」と語っていたほどアルツハイマーの病状が進んでいたという。

技術 優れた警察犬はウソとホントを見分けられる

 優れた警察犬は、人がウソをついたときの仕草や体臭の変化を読み取って真偽を判定できるとする実験結果を、チェコの動物行動学者が発表した。犬は高度な動体視力と嗅覚をもっているため、人の僅かな表情の変化や発汗を察知できるという。嘘発見器よりも精度は高く、確信犯にも有効としている。

RED / レッド
ブルース・ウィリス(2011/5/18)
 フランク・モーゼズは、アメリカ政府からの年金で、静かな引退生活を送る50代の独身男性。唯一の楽しみは、年金課の担当であるサラとの電話での会話だった。ところが、そんなある夜、謎の襲撃を受ける。フランクは、元CIAのトップエージェントで、かつて関わった極秘任務が原因でCIAから抹殺命令が下されたのだった。フランクは身の危険を感じ、自分と繋がりのあるサラを守るため有無を言わせず職場から拉致し、かつての“仲間”たちの下へと向かった。

(注)Yahoo!ニューストップで取り上げられた記事です。なお、編集ミスによりデタラメな記事が一つあるため、情報元をよく確認して、自己責任の上でご利用ください。

関連記事
  1. comment

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)