Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

GreaseMonkeyの使い方

 バージョン0.9から大幅な変更がありました。この記事の情報は内容不足で古くなっています。Greasemonkeyの使い方とアイコン素材をご覧ください。


GreaseMonkeyとは

特定のサイトで指定のJavaScriptを実行できる拡張機能です。ユーザスタイルシートのJavaScript版です。基本的にJavaScriptオフでも動作します。

Firefoxでの利用方法

アドオンの『GreaseMonkey』をダウンロードします。

Firefoxを再起動すると、ウインドウの右下に獣のアイコンが表示されます。それを右クリックしてメニューを開き、[新規ユーザスクリプト]をクリックします。

GreaseMonkeyアイコン

するとダイアログが表示されます。

GreaseMonkey新規ユーザスクリプトダイアログ

[名前]には作成するスクリプトの名前を入れます。

[名前空間]はニックネームのようなものです。例えば、名前が『mike』のスクリプトが二つあるときにそれらを区別します。スクリプトの作者サイトURIや作者名を書くとよいでしょう。

[説明]はそのまま、そのスクリプトの自己紹介です。

[実行するページ]にはそのスクリプトを実行したいページを指定します。複数の指定が可能です。最初は開いているページのURIが入っています。例えば、『yahooニューストピックス』の『国内』と『海外』ページでのみ実行する場合は次のようにします。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/

しかし、このままだと『国内』の中にある次のようなページではスクリプトが動作しません。

トピックス > 国内 > 政局
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/politics/
トピックス > 国内 > 不祥事
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/unpleasant_affairs/

これらの下位ページでもスクリプトを動作させるには「*」(アスタリスク)を用います。以下のようにすると、『http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/』で始まるすべてのページで動作します。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/*

[実行しないページ]も同様に指定します。

最後にOKを押すと「まず推奨テキストエディタを指定してください」とダイアログが表示されます。

プログラムの『メモ帳』や『秀丸』『TeraPad』『EmEditor』などのexeファイルを指定します。Windowsでエディタに『メモ帳』を利用する場合は、マイコンピュータ > ローカルディスク(Cなど) > WINDOWS > system32フォルダの中にある『notepad.exe』を指定します。メモ帳の場合は文字化けすることが多いので、無料であれば『TeraPad』『EmEditor』などを利用した方がよいでしょう。

推奨テキストエディタは後からでも変更が可能です

変更するときはブラウザのアドレスバーに「about:config」を入れてエンターキー。「細心の注意を払って使用する」をクリック。フィルタに「greasemonkey.editor」を入れます。

値をクリックして、文字列に使用するテキストエディタの場所を入力します。以下はメモ帳の場合です。

C:\WINDOWS\system32\notepad.exe

これをCドライブのプログラムファイルの中にあるTeraPad.exeに変更するのであれば、次の値に変更します。

C:\Program Files\TeraPad\TeraPad.exe

スクリプトの管理

登録したスクリプトはメニューの[ユーザスクリプトの管理]で編集・削除などの変更ができます。

スクリプトを編集する

左の一覧から編集したいスクリプトを選択し、左下の[編集]をクリックします。

各スクリプトを無効・有効にする

左の一覧から無効にしたいスクリプトを選択し、左下にある[有効にする]のチェックを外します。有効にする場合は再度チェックします。

スクリプトを削除する

左の一覧から削除したいスクリプトを選択し、[アンインストール]をクリックします。

GreaseMonkeyを無効・有効にする

ブラウザ右下にある獣をクリックしてモノクロにします。

使用例

Googleのタイトルをハローワークに変更して、一生懸命就職活動しているような気にさせるスクリプト。

Googleトップページを開き、獣を右クリック、新規スクリプト。

名前[GoogleHelloWork]
名前空間[http://paro2day.blog122.fc2.com/blog-entry-704.html]
説明[Google Site Title]
実行するページ
http://www.google.co*/*

エディタにコードを記述。

// ==UserScript==
// @name           GoogleHelloWork
// @namespace      http://paro2day.blog122.fc2.com/blog-entry-704.html
// @description    Google Site Title
// @include        http://www.google.co*/*
// ==/UserScript==

function GoogleHelloWork(){
 var t = document.getElementsByTagName('title')[0].firstChild;
 if(!t){return;}
 t.nodeValue = t.nodeValue.replace(/\-.*?$/,'- ハローワーク求人情報検索');
}
(function(t){
 if(!t){return;}
 t.nodeValue = t.nodeValue.replace(/\-.*?$/,'- ').replace(/^Google$/,'') + 'ハローワーク求人情報検索';
 if(window.addEventListener){
  window.addEventListener('click', GoogleHelloWork, false);
 } else {
  window.attachEvent('onclick', GoogleHelloWork);
 }
 setInterval(GoogleHelloWork, 3000);
}(document.getElementsByTagName('title')[0].firstChild));

文字コードをutf-8に指定して上書き保存。完了

Googleにアクセスするとタイトルがハローワークに変わります。

関連記事
  1. comment

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)

トラックバック

http://paro2day.blog122.fc2.com/tb.php/521-1ad39f20

  1. trackback