Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

Ergo Proxy 第10話 存在/cytotropism

Ergo Proxy OST opus01

Ergo Proxy OST opus01 / opus02

ジェネオン エンタテインメント
時間: 61分 / 54分

Release : 2006 05-25 / 2006 08-25

Ergo Proxy - 第10話 存在/cytotropism

 愛するリルを失った傷心のデダルスは、おかずを両親に取り上げられた思春期の少年のようにやさぐれていた。そこへ、全身黒ずくめの紳士がやってくる。
「君に大人のおもちゃを与えよう」
「大人のおもちゃ?」
 それは、独立行政法人産業技術総合研究所が開発した女性型ヒューマノイドロボット『HRP-4C 未夢(ミーム)』だった。
 身長158cm…バッテリー込みで……体重43kg。
「美しい」

視聴者感想

だ、大人のおもちゃ・・・

(16歳/男性/高校生)

鳩山由紀夫のことですね。

(18歳/女性/学生)

今回はラウル×デダルスですね!

(16歳/女性/高校生)

「しっこく」は「執国」って書くのか。てっきり、「漆黒」の翼とか、足枷の「桎梏」かと思ってたよ。

(30歳/男性/会社員)

ラウルとデダルスは似ているね。妻(リル)と子ども(プラクシー)を同時に失った父親。確かに父親としてはレゾンデートルを失ったかもしれないけど、人間としてはまだ残ってるだろう。少なくとも私はそう信じたい。なぁんて。

(24歳/女性/会社員)

 人間もレゾンデートルを喪失することで、ラウルのように個が目覚める。この辺はコギトに感染して個が生じるオートレイブと同じである。

(30歳/男性/会社員)

ほとんど話したこともない同じクラスの子に告白したんだが、「考えさせて」って言われて、1週間後に断られたんだが、理由がわかるか?

(15歳/男性/中学生)

校内の下馬評を学校裏サイトで調べてたんだろ。

(17歳/男性/高校生)

逆に考えるんだ、1週間は付き合っていたんだと。

(24歳/男性/アルバイト)

機械のレゾンデートルは受け入れられるけど、人間のレゾンデートルは受け入れられないなぁ。そんなものがあるとは思えん。

(18歳/男性/高校生)

執国がリルを殺そうとしたのか。それをわざわざラウルに知らせたのは警告か。執国側の停電警告解釈はラウルの仕返しと考えてそう。

(24歳/男性/会社員)

デダルスの言動から、モナド=リルで確定みたいですね。リルはモナドのアムリタ細胞を使った実験台なのでしょう。

(17歳/女性/高校生)

あれは、アムリタ細胞を死滅させる対プラクシィ用の弾丸?

(19歳/男性/学生)

配達をぞんざいにし、使命を放棄する。使役する人間がいなければ、機械もいつかはレゾンデートルの喪失に気づくってことか。

(22歳/男性/会社員)

ドームの生命維持装置がプラクシーなのか。死んじゃったモナドの代替品として、ビンスを連れ帰ってくれば、ロムドは維持できるってこと?でも、それならプラクシーを殺す弾は不要だよな。脅迫にでも使うのか?

(16歳/男性/高校生)

こどもリルは幻って線もあるけど、あのドームのプラクシーなんじゃないかな。それか、ピノみたいなコギトに感染したオートレイブ。

(20歳/女性/会社員)

さすがに視聴者の中でリルが死んだと思ってた奴はいないだろう。

(14歳/男性/中学生)

さすがに視聴者の中でフーディーが死んだと思ってる奴はいないだろう。

(19歳/男性/アルバイト)

フーディーはロムドのプラクシーですから、そう簡単には死なないでしょうね。あの銃声もミスリードさせるようなカットになってましたし。フーディーがロムドに帰還した後の7話で、執国が「プラクシーはロムド周辺から消失している」と言っていたことから、コミューンには戻らず、再び外の世界に旅立ったのでしょう。センツォントトチティン号の存在やプラクシーの知識(複数いる、何にでも姿を変えられる)が事実であったことから、実は無線も本物で、執国と連絡を取っていたともの思われます。次にフーディーが登場するのは、物語の真相が明らかになるときですね。

(20歳/男性/学生)

関連記事
  1. comment

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)

トラックバック

http://paro2day.blog122.fc2.com/tb.php/497-6935b384

  1. trackback