Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

#04 シスターーズ

かんなぎ 4 (完全生産限定版) [DVD]

かんなぎ 4【通常版】 / 完全生産限定版

アニプレックス
監督 : 山本寛
出演 : 戸松遥、下野紘
第七幕「キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲(後篇)」
第八幕「迷走嵐が丘」

Release : 2009 02-25

かんなぎ - 第四幕 シスターーズ

 ある日、部活動を終えた仁は小腹が空いたため、学校帰りにおいしん棒を買い食いしてしまう。その一部始終を注視していた一人の少女が仁を呼び止める。少女の名前はざんげちゃん。人の弱みにつけこんで強請を働く、有名なチンピラだった。
「買い食いを見逃して欲しかったら、十万円よこしなさい」
「チョベリボ!」

※ちょーべりーぼったくり

視聴者投稿

あのフラフープの束がいいね。しゃがんだときに扇形になるの。

(18歳/男性/高校生)

さすがにガンソードみたく調味料をミックスしたりはしないか。でも、食パンに具なしソースは普通にやる。マヨネーズも旨い。ただ、醤油は不味かった。それこそ染み込んでふにゃふにゃになるから「ジェッソストリームアタック」が必要。

(24歳/男性/アルバイト)

 嗜好の多様化はほぼ停滞しており、現在活発に行われているのは既存ジャンルの仕分け、カテゴライズではないだろうか。昨今の「ライトノベル」の定義の見直しもそうだ。生物学上の階級のように個々の属性を固定したいというエゴによって引き起こされた現象がアキバの言う「大衆の関心が多方面に向きすぎている」状態ではないだろうか。
 このカテゴライズを活性化させているのがインターネットであるが、もちろん結論は出ない。たとえ「ライトノベル」という言葉が辞書に載ったとしてもだ。書店を見ても「涼宮ハルヒ」や「狼と香辛料」は「ノルウェイの森」や「天使と悪魔」が置かれているような棚にはないし、Amazonで購入する際は「ヤングアダルト」からカートに放り込む。クモが昆虫ではないという指摘も似たようなものだ。
 インターネットという情報発信媒体の登場さえなければ、嗜好の表面化やカテゴライズはここまで顕在化しなかったであろう。だがしかし、すべての情報発信者の目的がカテゴライズにあるのではない。カテゴライズは水面への投石でしかなく、その後、生じる波紋―他者とのコミットを望んでいる者もいるのではないか。
 そう、ちょうど今、私が路傍で見知らぬ女子高生に心の葛藤を打ち明けたように。

(30歳/男性/会社員)

その女子高生が実は妹で、駆け落ちする展開ですね。

(22歳/男性/会社員)

なぜ黒い恋人があるのに婚約ゼリーがないんだ。

(19歳/男性/学生)

白亜さんがやっていることはホステスですよね。お客さんも男性の方ばかりですし、「ざんげちゃん」なんて源氏名まで使ってお金を稼いでますが、親や学校は何をしているんでしょうか。ピアスや顎髭を許可しているような学校に何を言っても無駄かもしれませんが、接客の様子をテレビで放送したりとこの町は本当に風紀が紊乱していると思います。

(34歳/女性/主婦)

若本さんよりマダオの方が逼迫感があってよかったんじゃ…。酔っ払いの懺悔は愚痴。素面でないと懺悔にはならないよ。酔った勢いで告白とかされた日にはもう…、忘れたい思い出。

(24歳/女性/会社員)

仁と会話してるざんげちゃんの声の抑揚がアリアの水無灯里に似てる気がする。

(17歳/男性/高校生)

嗚呼、これから女の子3人による仁取り合戦が始まるのか。羨ましいぜ、ちくしょう。

(18歳/男性/高校生)

ざんげちゃんの「シスター」キャラと姉妹の「シスター」をかけて「シスターーズ」ですね。

(17歳/女性/高校生)

今回のイラストは目でわかるね。というか顔の描き方でしかキャラデザを区別できない。

(16歳/男性/高校生)

仁がつくった木彫りの精霊像よりも人間の体を依代にした方が力が強いんだろうか。それともざんげちゃんの神樹が無傷だから強いのか。ざんげちゃんの方が崇拝者が多いから強いのか。強大っていうくらいだからかなり力の差はあったと思うんだよね。歴史のある神樹なら、伐採されたとしても崇拝者は残ってるだろうし。

(24歳/男性/会社員)

今回のタイトルは「シパターーズ」ということですが、これはアナグラムですね。並び替えると「パズー」と「シータ」になります。そう、天空の城ラピュタです。今後の展開としては、ナギがさらわれ、別の土地に合祀されようとしたところを仁が助けるといった感じになるのでしょう。巨神兵・大鉄のプロトンビームにも期待したいところです。

(20歳/男性/学生)

  • 【関連記事】
  • ジェッソ - 絵画で用いられる地塗り剤。
  • ヤングアダルト - 若い大人。青少年。児童文学より大人向けのカテゴリ。
  • ライトノベル - 「中高生向け」「読みやすい」「挿絵」「出版社」などさまざまな角度から主観的に定義される小説のカテゴリのひとつ。
関連記事
  1. comment

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)