Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

かんなぎ

かんなぎ 1 (完全生産限定版)
通常 : 1 / 限定 : 1

かんなぎ 2 (完全生産限定版)
通常 : 2 / 限定 : 2

かんなぎ 3 (完全生産限定版)
通常 : 3 / 限定 : 3

かんなぎ 4 (完全生産限定版)
通常 : 4 / 限定 : 4

第一幕 神籬の娘 / 視聴者投稿

 夕餉の汁物に入れる万能ネギを庭で栽培している園芸部員の御厨仁(にほんじん)。ある朝、ネギの手入れをしようと庭に出てみてると、5尺1寸はあろうかと思われる一本の巨大な下仁田ネギ(しもにたねぎ)が屹立していた。すると突然、その下仁田ネギが裂け、中から女の子が現れた!
 彼女はヌルリと出てくるなり、風呂に入らせてくれと異臭を撒き散らし、げに居心地の悪い依代であったと仁を苛むのだった。
 彼女は仁のケガレを払う能力を目の当たりにするやいなや、「仁と下仁田ネギ。なかなかやるのぅ」と評価を改め、仁に向かってこう告げるのだった。
「わらわは蒼髪のナンタルチア(せいようじん)。イタリア南部に伝わる民謡と同じ名じゃ」と。

第二幕 玉音アタック! / 視聴者投稿

 第一幕のCASTで早くも自身の名がナンタルチアではないことを暴露してしまったナギ。いや、それよりも第一幕で296文字あったあらすじを一気に82文字まで減らすとはなんたるちーあ!
 この家には信仰心が足りないとして神棚をDIYするナギの様子を見て、ますますナギが神様であることに疑念を抱く仁。霊感商法か何かではないかとナギを問い詰めていると、そこに幼なじみの女の子がやってきてこう告げるのだった。
「わたしは赤髪のツルゲーネフ。ロシアのしょ…」
「出てけっ!」

第三幕 スクールの女神 / 視聴者投稿

 美術部部長の木村貴子に盆栽の技量を買われ、園芸部と美術部をかけもちすることになった仁。ある日、仁は倉庫から画材を取ってきて欲しいと部長に頼まれ、部員の響大鉄と秋葉巡とともに旧サークル棟に向かうのだが、そこは不良の溜まり場となっている場所だった。道中でつぐみを迎え入れ、不良たちとの決戦に挑む一行。大鉄のペインティングナイフが空を切り裂き、仁のアホ毛が不良たちの感情を逆なでする。
 そして、不良たちのリーダー・毒サソリの魔の手がつぐみに迫る。果たして救いの女神は現れるのだろうか。

かんなぎ 5 (完全生産限定版)
通常 : 5 / 限定 : 5

かんなぎ 6 (完全生産限定版)
通常 : 6 / 限定 : 6

かんなぎ 7 (完全生産限定版)
通常 : 7 / 限定 : 7

第四幕 シスターーズ / 視聴者投稿

 ある日、部活動を終えた仁は小腹が空いたため、学校帰りにおいしん棒を買い食いしてしまう。その一部始終を注視していた一人の少女が仁を呼び止める。少女の名前はざんげちゃん。人の弱みにつけこんで強請を働く、有名なチンピラだった。
「買い食いを見逃して欲しかったら、十万円よこしなさい」
「チョベリボ!」

※ちょーべりーぼったくり

第五幕 発現!しょくたくまじんを愛せよ / 視聴者投稿

 アニメ初監督の作品で一人意気揚々と躍り出た三十路過ぎのおっさんが、会社の目が届かないのをいいことに、大風呂敷を広げて欲望の赴くままに作品の世界観を自分の趣味の世界に塗り替えてしまい、たった4話で更迭されたという裏事情に仁がショックを受けていると、そこにザンギエフが徒手空拳でやってくる。
 じりじりと間合いを詰めるザンギエフに対し、仁は一定の距離を取ろうとするが、突然、仁の体はザンギエフに引き寄せられ、あっという間に大切なお花をつみとられてしまう。

第六幕 ナギたんのドキドキクレイジー / 視聴者投稿

 かんなぎのDVDを1巻から7巻まで買いたいというナギは、つぐみと商店街に行くことに。まとめ買いなんてすごいねと羽振りのよさを羨ましがるつぐみに対し、ナギは得意げに仁からもらった一万円札を見せるのだった。
「たっ、高いっ!2巻しか買えんじゃないか!」
「ここのお店は安い方ですっ」
「あっ、1巻と7巻を買ったら、あいだの2巻から6巻までがおまけでついてくるとかないんじゃろうか」
「そんな挟み将棋みたいなおまけがあったら、糊口を凌いでるアニメーターに鼻であしらわれますよ」

かんなぎ 1

かんなぎ 2

かんなぎ (3)

第七幕 キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲(後篇) / 視聴者投稿

 傷つきながらも強敵「ライプニッツ」を倒し、微分積分を亡きものにした仁たちだったが、更なる最強の敵「ニュートン」が現れた!
「微積分法を最初に発見したのはライプニッツではなく、この私、アイザック・ニュートンだ!」と仁たちに向けてリンゴを投擲するニュートン。大鉄が人事不省に陥り、瞬く間に血の海が広がっていく仁の部屋。泣涕するつぐみのパンツは何色!?

第八幕 迷走嵐が丘 / 視聴者投稿

 雨も滴るいい女。ナギ。雨も滴るいい男。大鉄。仁はずぶ濡れで帰ってきた二人を眺め、「いいなぁ」と己の子ども体形を嘆く。気を失ったナギを居間に運び、身体を拭こうとすると、そこには小さな丘陵が二つ立っているのだった。
「あ、こんなとろこにご飯粒が…」
「仁、そこは…」
「健全な男子なら当然だっ!」
「そこは、雨じゃなくて水じゃないのか」

第九幕 恥ずかしい学園コメディ / 視聴者投稿

 一夜をともにした仁と大鉄の様子がおかしい。二人の関係を快く思わないつぐみは、仁と大鉄を引き離すために、二人がホモカップルであることを学校でカミングアウトする。しかし、つぐみの思惑とは裏腹に、公言したことで二人はますます仲を深めてしまうのであった。
「仁は俺のどこが好きなんだ?」
「強いて言えば、体かな」
 さわさわ…さわさわ…

かんなぎ (4)

かんなぎ (5)

かんなぎ 6

第十幕 カラオケ戦士 マイク貴子 / 視聴者投稿

 カラオケボックスにやってきた仁たちは、親睦を深めようという貴子の提案で王様ゲームを始める。最初に王様を引き当てた仁は、「5番」に退席を命じ、親睦を深める暇もなくつぐみがひとり帰宅する。次に王様を引き当てた大鉄は、「2番」と「3番」に履物の交換を命じ、仁と貴子が履物を交換する。ヒールで身長が高くなった仁は、その後も王様を引き続け、さまざまな命令をくだしていく。そんな中、秋葉巡は、最後まで王様を引き当てることができないのだった――

第十一幕 でも、あやふや / 視聴者投稿

 素性や目的を知らされぬままナギと一緒に暮らしてきた仁だったが、ケガニやウナギの生態についてわからないことが多過ぎると、図書室で勉強会を始めるのだった。
「なんでケガニのオスはメスより脱皮の回数が多いんだ?」
「さぁ?」
「なんでウナギの幼生は葉っぱのかたちをしてるんだ?」
「わからん」
「じゃあ、秋葉に頼んでパソコンで調べてみようか」
「なんじゃそちは! 検索するなと言ったろうが!」

関連記事