Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

ホゲモンショックの原因はたんぱく質

 平成9年にテレビ東京系列で放送されたテレビアニメ『ホゲットモンスター』の視聴者が光過敏性発作などを引き起こした放送事故の原因が、視細胞から脳へ信号を送る神経に存在するたんぱく質にあることを、大阪バイオサイエンス研究所チームが発見した。

 古川隆久研究部長は、「小学館が発行するホゲモン大図鑑によると、ピカチュウはねずみポケモンに分類されるので、マウスを使って実験したのが正解だった。特に『ピカチュリン』と名付けたマウスは、信号の伝達時間が通常のマウスより約3倍早く、『かみなりのいし』なしで『ライチュウ』に進化させることができた」と話す。

 たんぱく質は古川部長の名前をもじって“ヒサリン”と名付けられた。同実験は体への負担が大きく、実験開始からわずか51分でピカチュリンは死亡した。

  • 【関連項目】
  • 読売 - 動体視力左右するたんぱく質発見…ピカチュウもじり命名
  • Wikipedia - ポケモンショックピカチュウライチュウ
  • 羊肉 - 年齢と共に肉の色は黒ずみ、硬くなる
  • ラム - 生後12ヶ月で永久門歯がない
  • ホゲット - 永久門歯が1から2本の雌または去勢された雄の羊
  • マトン - 生後24ヶ月~/永久門歯が2本より多い雌または去勢された雄の羊
関連記事
  1. comment

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)