Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

【メルマガ】安心して住める総理大臣公邸。福田康雄です。

  • 2008-04-19 土 10:06
  • 政治
  • hatena  拍手

http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/2008/0417/0417.html

 今週は東京都千代田区永田町にある総理大臣公邸をご紹介します。

 みなさんがよく耳にする総理大臣(首相)官邸と総理大臣公邸は違います。官邸は仕事をする場所で、公邸は総理大臣が居住する建物です。迅速な対応ができるように2つの建物はお隣さん同士になっています。現在使われている公邸は、2005年、小泉内閣の頃に旧総理大臣官邸を改装してつくられました。

 なぜ、旧公邸を改装せずに旧官邸を改装したのかをご存知でしょうか。森元首相や小泉元首相が、深夜に「ザッ、ザッ、ザッ」という兵隊の足音が聞こえると訴えていたためです。旧公邸はあの五・一五事件や二・二六事件が起こった場所です。特に森元首相は心労が酷く、「話せばわかる」とうわごとのように仰っていたようです。

 公邸の朝は、「肉」と呼ばれる牛の動物組織を食べることから始まります。ここ数年はコレステロール値が高まっているにもかかわらず、その摂取量は任期とともに増えており、毎週日曜日の朝は庭でバーベキューが催されます。専属の料理長の話では「平成以降の総理大臣の皆さんは、『量』より『質』を求めるようになっている」そうです。

 牛肉の購入費用にしか使えない食糧特定財源が一般財源化されれば、朝食にパンや魚を食べることが可能になります。「朝食に肉なんて本当に食べれるのか?」とのご指摘もいただきましたが、いやはや食べれます。

 野党の皆さんとの協議がようやく動き出しましたが、ねばり強く交渉してまいります。

関連記事
  1. comment

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)