Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

全日本柔道連盟、強化委員に乙武洋国氏を起用 体罰根絶へ

  • 2013-02-07 木 16:30
  • 社会
  • hatena  拍手

 全日本柔道連盟の斉藤均強化委員長が現在1人欠員になっている強化委員会の特別顧問にスポーツライターで教職の経験もある乙武洋国氏(36)を起用することを決定した。特別顧問は全柔連と現場を結ぶパイプ役で選手への指導が適切に行われているかをチェックし、ときには選手を直接指導する役目を担う。

 当初、全柔連は全日本女子の暴力問題で辞任した吉村和夫・強化担当理事の後任として乙武氏の名をあげていたが、少しでも現場に近い場所で活動したいとの乙武氏の意向を受け、特別顧問での起用を決めた。

 また、乙武氏が人気アイドルグループ・AKB48の峯岸みなみさんが坊主姿で謝罪した際に「じゃあ、僕も坊主にします」と発言し、頭を丸刈りにした理由は全柔連からの要請であったことも明らかになった。

 著書『五体否満足』で知られる乙武氏は早稲田大学卒業後、スポーツジャーナリストとして各種メディアで活躍。2007年には杉並区の小学校に勤務するかたわら、大型自動二輪車免許を取得し、2010年までの3年間、日本各地の道場をめぐる旅をしていた経歴を持つ。

 事前に起用の連絡を受けていた乙武氏はグランドスラム・パリ大会(9日開幕)に出場する選手たちを視察するため、斉藤強化委員長とともに6日に現地入りし、試合会場で練習する選手たちに心構えや足のさばき方などを助言。会場では眼鏡を外し、コンタクトレンズをつけて選手たちに熱い視線を送った。

 乙武氏は脚取りなど下半身への攻撃を反則とする新ルールを徹底させるため、実際に選手らと組み合い、下半身以外の部位への攻撃方法を実践して見せるなど熱のこもった指導を行った。

 消極的な姿勢で組手を避け、すぐに場外に出てしまう選手には「超えちゃいけないライン考えろよ!」と激しく叱責したが、手をあげるような素振りは一切見られなかった。

 斉藤強化委員長は練習後のミーティングで「彼になら安心して日本の柔道界を任せられる。体丈夫だ。問題ない」と話した。

関連記事
  1. comment
  2. 名無し 2013-02-09 18:16 No.1754 #-URL

    卯ノ花さんの顔コロコロ変わりすぎ

  3. anonymous 2013-02-10 01:16 No.1756 #-URL

    えっ卯の花さんが日本女子柔道監督に?

コメント

Icon ※必須 :
Pass  ※入力した英数字を識別コードとしてNoに表示(123→LkZag.iM)