Paroday

Paroday:ニュースやアニメのレビュー、FC2ブログのテンプレート・プラグインなどを配信しています。

もしかして Parody ではありませんか? yes

ツイッター、サービス名称を“ノイッター”に変更 「点が取れる」と受験生に好評

 短文投稿サービス『ツイッター』を提供する米twitters社は8日(日本時間)、サービス名称を『ノwitter』(ノイッター)に変更した。同社は前日の7日に、売上高が10億ドルに達する業績見通し(2014年)になぞらえて、鳥のロゴを上向きに変更したばかり。世界第3位のツイッターアカウント数を誇る日本のカタカナの“ノ”を取り入れることでさらなる発展を狙う。

 サービス名称の変更にあわせて、ツイッター公式サイトのURLは「http://twitter.com/」から「http://no.twitter.com/」変更され、配布されている公式ツイートボタンの表記も「twitter」から「ノwitter」に変更された。日本語版は「ツイートする」から「ノイートする」になる。

 日本のツイッター利用者らは突然の名称変更に最初は戸惑っていたが、「ツの点が取れたノイッターでつぶやいたら、学校のテストでいい点が取れた」「このノイートが100RTされたら100点取れる」といった願掛けのツイートや「ダイエット中なんだけど、ノイートボタンを押す度に体重がどんどん減っていく」「NO EATボタン運動の消費カロリーがすごい!」といった前向きなツイートが拡散され、日本の利用者には概ね受け入れられているようだ。

 しかし、韓国の大学教授が「カタカナの起源は新羅にある。ハングルを真似たのが日本のカタカナだ」とツイートし、一部の日本の利用者らが「ハングルはカタカナよりも後にでてきたパクリ文化だ」「撤回しろ」などと激昂し、バックグラウンドで炎上の様相を呈している。

 また、5月18日のNASDAQ取引開始以降から株価が29%下落し、時価総額が270億ドル(約2兆1400億円)減少したフェイスブックスも現状を打開するため、サービス名称を刷新。すべての人々を歓迎する開けたSNSとして『Facebook』を『\(^o^)/book』に変えて、V字回復を狙う。

ソーシャル・ネットワーク
(2011/12/21)
・デヴィッド・フィンチャー (監督)
 2003年。ハーバード大学に通う19歳の学生マーク・ザッカーバーグは、親友のエドゥアルドとともにある計画を立てる。それは友達を増やすため、大学内の出来事を自由に語りあえるサイトを作ろうというもの。
 閉ざされた“ハーバード”というエリート階級社会で「自分をみくびった女子学生を振り向かせたい」。そんな若者らしい動機から始まった小さな計画は
※この記事はフィクションです。

ギリシャ、「Mindows 8」ロゴに145億ユーロの使用許諾料を要求

 米マイクロンフトが17日(現地時間)に公表した『Mindows 8』(開発コードネーム)のロゴが、自国の国旗に酷似しているとして、ギリシャ政府は同日、マイクロンフトに145億ユーロ(約1兆4900億円)の使用許諾料を求める構えを示した。

 145億ユーロは財政破綻状態にあるギリシャが3月20日に迎える国債償還資金と同額で、欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)によるギリシャへの第2次支援の調整が難航した場合を想定してのものとみられる。

続きを読む

マイクロソフトのセキュリティソフト、Googleに潜在的脅威を発見 警告へ

 15日、米マイクロソフト社が提供しているセキュリティソフト『Microsoft Security Essentials』(MSE)が、米グーグル社の検索エンジン『Google』のサイトからコンピューターに損害を与えるおそれのあるプログラム『Exploit:JS/Blacole.BW』を検出した。警告レベルは「重大」となっており、MSEはプログラムの削除を推奨している。

続きを読む

閉鎖の伊ウィキペディア、英語で再開 ネット傍受法抗議

Wikipedia

 誰もが無料で自由に編集にできるインターネット上の百科事典『ウィキペディア』のイタリア語版サイトがイタリア議会で審議中のネット傍受法案に盛り込まれたプライバシー保護条項に抗議するため、5日から閉鎖していたが、7日に言語をイタリア語から英語に切り替えてサービスを再開した。

 ウィキペディアを運営する非営利組織『ウィキメディア財団』は、スキャンダルの絶えないイタリアのベルルスコーニ首相(75)が7日の審議で、改めて同法案の必要性を強調したため、イタリア語版での再開をリタイアし、同首相が退陣するまでのあいだ、英語版サイトとして運営することを決めた。イタリアの議院の任期は5年で、2013年に任期が満了する。

 問題となっている条項は、「相手のイメージを低下させるなどプライバシー侵害の申し立てがあった場合は、サイト管理者が24時間以内に訂正して、直接本人に謝罪しなければならない」という事実上の情報規制とも受け取れる内容で、表現の自由や中立性が損なわれると伊主要メディアが抗議していた。また、24時間の制限についても、ジャック・バウアーでもないかぎり実行不可能だと指摘している。違反の罰金も1万2000ユーロ(約120万円)とかなり高額だ。

 各メディアは同法案について、スキャンダルで有名なベルルスコーニ首相のための法案であり、政権にとって都合の悪い情報を操作しようとしていると批判。同首相はこれまで、弁護士の買収や17歳少女の買春など数多くの不祥事を起こしている。また、「選挙期間中はセックスを断ちます」と宣言しながら、公費でアダルトビデオを購入して下半身を勃たせていたことが発覚し、「生理現象なので仕方ない」と釈明するなど失言も多い。

 イタリアのウィキペディア利用者らは、サイトの復活に安堵したが、「よく見ると、これは英語版ウィキペディアのミラーサイトではないか」と再開に疑問の声もあがっているという。

 なお、ベルルスコーニ首相は英語が話せない。

日本人が知らないウィキリークス
津田大介ほか (2011/2/5)
 告発者の匿名性を守る高度な情報技術と世界的なネットワークを駆使、マスメディアとも連携して国家や企業の機密情報をこれまでにない規模で次々に暴くウィキリークス。
 毀誉褒貶の激しい「ウィキリークス」の真の姿とは?
 新しいリークの時代を読み解く。

ジョブズ氏死去 “iPhone 4S”は“iPhone For Steve”だった

スティーブ・ジョブズ

 米アップル社が4日に発表したスマートフォンの新型機種が『iPhone 5』ではなく、『iPhone 4S』だったことで、アップルの株価が下落し、スマートフォン利用者だけでなく、世界市場もアップルの発表に納得できない様子だった。しかし、5日にスティーブ・ジョブズ取締役会会長(56)が死去したことで、4Sに対する風当たりに変化が生じた。

「“iPhone 4S”は“iPhone For Steve”だった」

 4Sは数々の偉大な業績を残したジョブズ氏に捧げた最後の機種だった、と誰もが4Sの販売に得心がいったのである。アップル社の広報によると、4S発表以降、同社に寄せられていたクレームが大幅に減少し、ジョブズ氏への感謝のメッセージが届くようになったという。

 しかし、クレームがすべてなくなったわけではない。韓国のサムスン電子からは「特許権侵害だ。4Sの販売をやめろ」「グッジョブ!4Sの息の根も止めろ!」と市場と空気をよめない電話やメールが寄せられ、沈痛な面持ちの社員たちが対応に追われている。

続きを読む

時をかけるニート“タイムマシン”可能に 光速超えるニートリノ

 名古屋大や神戸大などの国際共同研究グループ『OPERA』は23日、世界経済不況の原因の一つとされている『ニート』が放出する『ニートリノ』の速度が光より速いとする実験結果を発表した。これにより、アインシュタインの相対性理論で実現不可能と結論づけられていたタイムマシンをニートが開発できる可能性がでてきた。

 ニートリノは電気的に中性で微小の質量をもつ素粒子。あらゆる罵詈雑言を無視できる極めて高度なスルー力を内包しており、「自分が働かないことで、他の誰かが職を得ることができる」という『ニートリノ振動』と呼ばれる事象の歪曲を引き起こす性質をもっている。

 同実験はスイス・ジュネーブにあるヨーロッパ合同原子核研究機関『CERN』の施設で行われ、実験に参加したニートの橋田至氏(20=東京電機大学中退)は「タイムマシンを使えば、ニートになる前の自分にフラグを立てて、ニートを回避することも可能もしれないが、そうするとニートがいなくなり、タイムマシンの開発自体がなかったことになってしまう。だから、ニートは必要だお」と説明する。

 今月19日に、科学者たちが10年間解けなかったタンパク質の構造を解明したゲーマーたちに続き、社会の塵芥とされていたニートがアインシュタインの理論を覆した事実は世界中の科学者たちに大きな衝撃を与えた。

 研究グループは全世界のニートたちに検証協力を呼びかけているが、報酬を与えるとニートではなくなってしまう恐れがあるため、無償での協力を求めている。

ニュートリノ論争はいかにして解決したか
桜井邦朋
「ニュートリノとは何か?」
「カミオカンデは何を見つけたのか?」
この不思議な粒子をめぐって議論を戦わせた科学者たちの軌跡を、研究の最前線から活写する骨太の一冊。
 “謎の粒子”が巻きおこした大論争の一部始終を説きあかす。